いよいよ、Facebook退会へ

 Facebookには、Facebookのアカウントを消してMessengerだけ利用する「アカウントの利用解除」と、Messengerアカウントもすべて消す「アカウントの削除」があります。ここでは、「アカウントの削除」の手順を説明します。

 アカウントを削除しても、30日間はアカウントの再開や削除のキャンセルができます。もしアカウントを再開したくなった場合は、Facebookにログインし直すか、Facebookアカウントを使用して他のサービスにログインします。なにもせずに30日経過すると、すべてのデータが消去されます。

Facebookアプリでメニューボタンをタップ、「設定とプライバシー」から「設定」を選び、「アカウントの所有者とコントロール」をタップします
[画像のクリックで拡大表示]
「アカウントの利用解除と削除」をタップします
[画像のクリックで拡大表示]
「アカウントの削除」にチェックを付け、「アカウントの削除へ移動」をタップします
[画像のクリックで拡大表示]
「アカウントの削除」をタップします
[画像のクリックで拡大表示]
パスワードを入力し、「次へ」をタップします
[画像のクリックで拡大表示]
「アカウントを削除」をタップします
[画像のクリックで拡大表示]

 Facebookでのつながりは公私ともに広がるため、「退会する」となると現実の世界にも影響する人が多いでしょう。なかなか決意できない人が多いかもしれませんが、Facebook専用のメールアドレスを作り、個人情報をほぼ結び付けないようにアカウントを作り直す手もあります。

 私はFacebookがこれを機に情報管理を徹底してくれることを信じて利用を継続しますが、バックアップは時々取っておくとトラブルが起こったときでも安心だと感じました。皆さんにも退会を決意したとき、またはアカウントにトラブルが起こったときのために、Facebookデータを保存しておくことをお勧めします。

鈴木 朋子(すずき ともこ)
ITジャーナリスト。ソフトウエア開発会社のSEを経てフリーランスに。SNSやアプリなどスマートフォンを主軸にしたサービスを行っており、書籍や雑誌、Webに多くの記事を執筆。スマホネイティブと呼ばれる十代のIT文化に詳しい。All About(オールアバウト)iPhone・SNSガイドも務める。著作は『今すぐ使えるかんたん文庫 LINE & Facebook & Twitter 基本&活用ワザ』(技術評論社)など20冊以上。
プロフィールサイト:http://tomoko.chu.jp/
Twitter:@suzukitomoko
出典:日経トレンディネット、2018年10月19日
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。