Facebookのデータをバックアップする

 Facebookは、過去の投稿や友達、メッセージ、グループ、「いいね!」やリアクションをした投稿など、Facebook上で行ったほぼすべての活動をHTML、またはJSON形式で保存することができます。HTML形式で保存した場合、ブラウザで表示すればいつでも思い出を振り返ることができます。「友達」のメールアドレスが含まれることもあるので、ダウンロードしたファイルの管理には気を付けましょう。

 なお、ここではiOSのアプリでの手順を紹介しますが、Androidスマホやパソコンでも保存できます。ZIP形式のファイルが作成されるため、パソコンをお持ちの方はブラウザでFacebookにログインし、「設定」の「あなたのFacebook情報」から「個人データをダウンロード」を選択します。Facebookを長く利用している人は、データが大きくなるため、パソコンがお勧めです。

Facebookアプリでメニューボタンをタップ、「設定とプライバシー」から「設定」を選び、「個人データをダウンロード」をタップします
[画像のクリックで拡大表示]
ダウンロードしたい項目にチェックを付け、「ファイルを作成」をタップします
[画像のクリックで拡大表示]
しばらく待つとファイルが作成され、通知されます。「利用可能なファイル」の「ダウンロード」をタップします
[画像のクリックで拡大表示]
ファイルはZIP形式で圧縮されています。「ファイル」で開き、「iCloud Drive」に保存するとプレビュー機能で参照できます。見づらい場合は、パソコンに転送しましょう
[画像のクリックで拡大表示]