(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 2019年9月に開かれた米アップル(Apple)の製品発表会で、Apple Watchの新モデル「Apple Watch Series 5」が発表された。2015年の初代Apple Watchから毎年1回必ずアップデートされて、今回が第5世代になる。アルミニウムケースのGPSモデルにスポーツバンドを組み合わせた最も安価なものは、ケースサイズが40mmで4万2800円(税別)、44mmで4万5800円(税別)だ。

 筆者は初代からApple Watchを使い続けており、2018年は「Series 4」を購入。今回、Series 5を試用して約2週間たった。気づいた点や使い勝手の違いなどをリポートする。

Apple Watch Series 5は何が変わった?

 Apple Watch Series 5は、2018年モデルのSeries 4を踏襲したデザインで登場。ケースの素材と色が同じなら、見た目だけで見分けることはできないだろう。

 Apple WatchはSeries 4で本体のデザインが大きく変わった。きょう体のほぼ全体を画面が占める「ベゼルレス」となり、それまで以上に文字盤の変更で見た目の印象が変わるようになった。また搭載するプロセッサーの性能が2倍になったことで、あらゆる動作に素早く反応し、ストレスなく使えるようになった。

 筆者が購入したApple Watchの中で最も満足して使っているのがSeries 4と言ってもよい。

「Apple Watch Series 5(スペースグレイアルミニウムケース)」(左)と「Apple Watch Series 4(スペースグレイアルミニウムケース)」(右)。サイズや重さは全く同じ。外観では区別は全く付かないだろう
[画像のクリックで拡大表示]

 今回のSeries 5に搭載されているプロセッサーは「S5」で、Series 4の「S4」プロセッサーから変更されているが、アップルによると速度はどちらもSeries 3の「S3」プロセッサーと比べて最大2倍高速であり、実際に使ってみても比較できるような処理速度の向上はない。

 Series 4に比べてSeries 5で大きく変わった点は、画面が常時表示できるようになったことと、電子コンパスが内蔵されてその機能を利用できるようになったところだろう。

 このうち、画面の常時表示機能はApple Watchの使い勝手を大きく変えるものだ。実はこれまでのApple Watchは電力消費をなるべく抑えるため、「腕を上げる」「手首をひねる」といった画面を見るような動作をしなければ、画面は何も表示されない真っ黒の状態だったのである。

 Series 5では腕を動かさなくても、常に画面が表示されているので、斜めから見るだけで時刻などの情報を確認できるようになった。会議中に腕を動かさずに時刻をちらっと見たり、電車のつり革につかまったままでも時刻を確認できたりするわけだ。ようやく普通の腕時計と同じことができるようになったとも言える。

 このほかSeries 5では、ケースに使われている素材としてApple Watch初のチタニウムを採用したモデルも登場した。またセラミックケースモデルがSeries 3以来の復活となった。機能的なアップデートよりも、こちらのほうがよりうれしいと感じるユーザーも多いだろう。

Series 5は画面を常に表示しているので、腕を動かすことなく斜めからでも時刻などの情報を確認できるようになった
[画像のクリックで拡大表示]
手首を手前にひねって画面を上に向けると、文字盤が白い通常表示になる。先の写真のように、斜めから画面を見る状態では文字盤が黒いことが分かる
[画像のクリックで拡大表示]