何語と思いきや、由来は日本語です

 キヤノンの前身である精機光学研究所は1933年に設立。2年後には「Canon」というブランド名が成立している。思わず「何語?」と聞きたくなるこの名称。由来は意外にも「観音様」にある。

 精機光学研究所が最初に開発したカメラの試作機はズバリ「KWANON(カンノン)」。試作機に刻印されたロゴもその名を表していた(下の上・中)。だが、これらは製品では使われず、ブランド名は「Canon」となった。観音に音が似ている上、英語で「聖典」「標準」を意味することが精密機器にふさわしいと判断されたとか。ちなみに「ヤ」が大きいのは文字のバランスがいいからだそう。

上の2つは1934年、一番下は現在のロゴ