日本人の常識、スペース変換 開発したのはジャストシステム

 スペースキーを押して文字変換する手法は、ジャストシステムが開発したもの。同社の浮川和宣社長(当時)は「英文で単語の間にスペースを入れるのと同じように、日本語を文節ごとに変換するのが使いやすい」と考えた。また、スペースキーなら世界のどのキーボードにもあるというのも理由だったとか。

文字を入力して、スペースキーをタン、タン!