iPhone 5cのロック解除にはFBIも手をこまねいた

 象徴的なのが、2016年に米連邦捜査局(FBI)とAppleの間に起った騒動だ。

 FBIが、自爆テロ事件の容疑者が所持していたiPhone 5cのロックを解除できず、Appleに協力を要請したところ拒否され、連邦裁判所で争うことになったというもので、世界的に大きな話題になった。iPhoneのロックを解除するためにFBIがここまでやるのか――他にも細かな背景はあったが、ニュースの関心はその疑問に集約されていたように思う。

 裁判自体は、第三者のIT企業が解除方法の提供を申し出たことで取り下げとなって幕を閉じた。しかし、その解除方法はiPhone 5cだから使えるもので、セキュリティーチップが向上したiPhone 6以降では通用しないといわれている。

最新のスマホに隠すのが効果的

 現在。最新のiPhone Xのロックを解除できる企業や装置は存在する。ただし、米国の企業が米国の公的機関限定で専用装置を提供しているので、日本では利用できないと考えたほうがいい。いずれは解析技術が出てくるかもしれないが、その頃には最新モデルや最新OSが世に出ているだろう。最新iPhoneは難攻不落という状況は続くと思われる。こうした状況はAndroidも同様だ。

 そのため、隠したいデータの置き場所として新しめのスマホを選ぶのはなかなか効果的な手段といえるだろう。