ノイズキャンセリング機能が強力になった

 WF-1000XM3は、耳の中にイヤーピースを挿入する「カナル型イヤホン」に当たる。耳栓を装着したような状態になり、これだけでも周囲の騒音をある程度防ぐ効果がある。そして最大の特徴であるノイズキャンセリング機能をオンにすると、さらに静かになる。周囲の音がスッと遠のく印象だ。

 従来モデルのWF-1000Xと比較すると、ノイズキャンセリング機能は大幅に向上している。WF-1000Xでは「ちょっと静かになったかな?」くらいの効き具合だったが、WF-1000XM3は明らかに周囲の騒音が減って静かになる。

 地下鉄の車内、交通量の多い道路脇、渋谷の駅前などで試してみたところ、かなり強力な効果があると実感した。人の話し声はある程度聞こえてくるものの、街中で絶え間なく聞こえる騒音、鉄道や車の走行音、空調設備の音などはかなり小さくなる。

 地下鉄の乗車中にノイズキャンセリング機能をオンにしたときは、ゴーッと鳴り響いていた車内の騒音が小さいサーッというノイズ程度になった。地下鉄の騒音にも負けないレベルといえる。

 外出時だけでなく、オフィスで周囲の音をシャットアウトして作業に集中したいときにも役立つ。あまり音量を上げなくても音楽がよく聞こえるので、鼓膜にも優しいだろう。

 ノイズキャンセリング機能が向上した要因は大きく2つ。1つは、ソニーがノイズキャンセリングヘッドホンで培った技術を生かした新しいプロセッサーを搭載したこと。もう1つは、左右のイヤホンユニットそれぞれで、ノイズを検出するマイクを本体外側と耳に当たる内側部分の2カ所に搭載したことだ。

集音するマイクは本体外側と、耳に当たるラバー部分の2カ所にある
(撮影:スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]

 ノイズキャンセリング機能はマイクで周囲の騒音を拾い、それを打ち消す「逆位相」の音を作って重ねることで騒音を打ち消している。従来モデルのWF-1000Xでは、左右のイヤホンユニットそれぞれで、外側の1カ所だけにマイクを搭載していた。WF-1000XM3では、耳の内側で反響する音もマイクで拾って打ち消すことにより、ノイズキャンセリングの効果を高めた。