GoogleファミリーリンクはGoogleマップと連携可能

 Googleファミリーリンクとは、親のGoogleアカウントと子どものGoogleアカウントをひも付け、親が子どものスマホを管理できるサービスだ。企業のシステム管理者と一般ユーザーの関係をイメージすると分かりやすい。子どものアプリのインストールを許可制にしたり、子どものスマホ利用状況を親が把握したりと様々な管理ができる。

 そうした管理機能の1つに、子どもの居場所の把握がある。親がGoogleファミリーリンクのアプリを開くと、子どもの位置をプロットした地図と、位置情報を取得した時間が表示される。

「Googleファミリーリンク」で子どもの居場所を確認
[画像のクリックで拡大表示]

 Googleマップアプリと連携して、子どもの居場所への道案内もできる。子どもが13歳以上であれば、移動の履歴を確認する「ロケーション履歴」機能も使える。

Googleマップと連携して子どもの居場所まで道案内する機能を利用できる
[画像のクリックで拡大表示]

 Googleファミリーリンクでは、親子それぞれのスマホに専用アプリをインストールして使う。保護者と子どもでアプリが異なるが、保護者が自分のスマホに「保護者向けGoogleファミリーリンク」アプリをインストールして、画面の指示に従って設定を進めていけば、あまり迷うことはないだろう。

 利用には、親子ともにGoogleアカウントを持っている必要がある。13歳未満の子どもは自分ではGoogleアカウントを作成できないが、親がGoogleファミリーリンクアプリを使うと子ども用Googleアカウントを作成できる。13歳以上の場合は、親のGoogleファミリーリンクアプリ上で子どもが作成したGoogleアカウントを指定して、管理対象をしてよいか許可を求めるメッセージを送る。

 子どもが13歳以上で居場所さえ分かればよいならば、Googleマップの「現在地の共有」を使う方法がある。親子が共にGoogleアカウントを持っていて、位置情報の共有を互いに許可すれば利用できる。

Googleマップの「現在地の共有」で子どもの居場所を把握
[画像のクリックで拡大表示]