pixiv PAYは、やはり認知が進んでいないからか利用しているユーザーがあまり(ほとんど)いないことがネックになった。商品QRコードを印刷して価格表として提示しておいたが、これを商品の説明コードと間違えて読み込んでしまう来場者も少なからずいた。

 pixiv PAYは決済スピードや手間の少なさ、機能はとても優れている。同人イベントにブースを出展する個人としては、もっと多くの人、せめて同人即売イベントの来場者には使ってもらいたいという思いは強い。

現金の扱いに慣れ切った来場者の前にキャッシュレスはまだ勝てない

 同人イベントにブースを出展してキャッシュレス決済を導入しようとした個人の感想をまとめると以下のようになる。

  • ハードウエアとして最も期待できたAirペイは店舗を持たない個人事業主の筆者には使えなかった。
  • 最近話題の大手QRコード決済サービスも同様に使えなかった。
  • 現状ではクレジットカードはSquare、電子マネーはヤマトフィナンシャルのマルチ電子決済端末レンタルサービス、QRコードはpixiv PAYのそれぞれ一択。

 機能を考えるとpixiv PAYが最も有望だが、残念ながら利用者は多いとはいえず、認知もまだまだだ。

 幸いなことに(そして皮肉にも)、同人イベントの来場者は現金の扱いに非常に慣れており販売側に対する思いやりも深いので、大抵は釣銭なしの状態で現金を用意しており、支払いから商品受け渡しまでが「ほいっ、はいっ」くらいのテンポの良さで終わってしまう。それゆえに「キャッシュレス決済はいらないのでは」という考えが大多数だったりするのも依然として事実だ。

 同人即売会やフリーマーケットでは、まだしばらくの間は「大多数は現金決済、ごく一部がキャッシュレス決済」という状況が続くだろう。来場者の手持ちの現金が枯渇した後の購入を狙ってキャッシュレス決済を導入するのは今でも有効だが、その場合でも1000円以上ならクレジットカードと連携した決済サービスがいい。

 電子マネー決済(それもクレジットカードから決済できるサービス)の認知が広まり、複数のブースを素早く回るために決済の時間も惜しいような、イベント開幕直後におけるメリットに多くの来場者が気が付いたとき、キャッシュレス決済の利用が増える可能性はある。個人的にはSquareの電子マネー決済対応に期待している。ただし、審査基準は現行のSquareと同等であってほしいところだ。

Bluetooth接続とNFC Type A/BとFeliCaに対応した新型Square Readerでは、電子マネー決済への対応が期待される
(出所:Square)
[画像のクリックで拡大表示]
■変更履歴
記事公開時、3ページ目の写真の説明文でSquare Readerについて「新型ではPIN入力に対応した」としていましたが、2019年6月時点の日本のサービスではPIN入力に対応していません。お詫びして訂正します。記事は修正済みです。[2019/06/21 15:00]