重量のある腕でいかに良い音を鳴らすかに苦心した。キーパーツを供給するタカハ機工はビッグクラッピーを気に入り製造パートナーになった
重量のある腕でいかに良い音を鳴らすかに苦心した。キーパーツを供給するタカハ機工はビッグクラッピーを気に入り製造パートナーになった

「拍手バカ」が行き着いた幸せの赤いロボット