PowerPort Atom PD 1は小型モバイルノート、タブレット向き

 Ankerの「PowerPort Atom PD 1(Atom PD 1)」は、最大出力30ワットのUSB PD対応充電器だ。立方体に近い形で、給電用のUSB-C端子を1つ備える。スマートフォンの充電はもちろん、機種によるが10インチクラスのモバイルノートやタブレットの充電にも対応できる。アマゾン(amazon.co.jp、以下同)での実勢価格は3499円(税込み)だ。2019年2月に発売された当初は品切れ状態が続いた。

最大出力が30ワットとなるAnkerの「PowerPort Atom PD 1」
(撮影:スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]
手に持つと非常に小さく軽く感じる。コンセントプラグは固定式。充電ケーブルは付属しない
(撮影:スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]

 Atom PD 1の重さは編集部での実測で54.6グラムだった。比較用に用意した、Ankerの最大出力や端子数も同じ従来型製品「PowerPort Speed 1 PD 30」は実測で102グラムだ。Atom PD 1はほぼ半分の重さという計算になる。

出力が同等のAnker製品「PowerPort Speed 1 PD 30」(右)と比べると、重さも大きさも約半分だ
(撮影:スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]

 持ち比べると、Atom PD 1は同じ30ワットの充電器とは思えないほど軽く小さい。ちょっと気になるのはコンセントプラグが固定で折り畳めないこと。かばんの中でプラグの部分が他のものに引っかかったり当たったりしないか少し心配だ。