スマホを使いこなしていた人ほどバックアップを残している

 バックアップが残っていたら、スマホを初期化してリカバリーしたり、パソコンや他のスマホで中身をのぞいて必要なファイルをピックアップしたりできる。

 とはいえ、最後の状態を丸ごと保存したバックアップが発見されるような幸運はそうは訪れない。そのしばらく前の状態のバックアップであることが多い。バックアップを見つけたときは、更新日時と、どこまでの階層をバックアップしているかといった情報を把握したうえで作業を進める必要がある。

 iPhoneの場合、標準的なバックアップには、オンライン上の「iCloudバックアップ」とパソコンを使う「iTunesバックアップ」、その強化版である「iTunes暗号化バックアップ」がある。

 iCloudは単体で使えるのでバックアップが残っている可能性が最も高いが、アカウント情報やApple IDにひも付けされた最小限の内容にとどまる。逆に、iTunes暗号化バックアップはアカウントのパスワードやヘルスケアデータまで含めて最大で二重化できるが、日ごろから接続して母艦にしていたパソコンが必須となる。暗号化しないiTunesバックアップは両者の中間だ。

iTunes暗号化バックアップの設定画面。Apple IDのパスワードとは別個のパスワードを設定する必要がある
[画像のクリックで拡大表示]

Androidの場合は?

 Android端末の場合、Googleアカウントにひもづけられたデータは標準設定でクラウドにあるアカウントページに二重化されるが、iTunesバックアップのような仕組みは標準搭載していない。しかしmicro SDカードに二重化するアプリを用意している端末もある。そのほか、ユーザーが通信キャリアやサードパーティー製のバックアップツールを利用していることもある。

 通信契約書類やパソコンにインストールされたアプリなどを調べていけば、そうした蜘蛛の糸が見つかることも珍しくない。また、写真やエクセルデータなどなら、生前交流があった人に届いたメールやメッセージから拾える場合もしばしばある。

 一般論と経験則からいって、よくスマホを使いこなしている人ほど、何らかの形でバックアップが残っている(残している)ことが多いのは確かだ。そうしたバックアップを自力で見つけられれば、ロックを解除せずとも、お金をかけずとも、目当てのデータが得られることがある。

 具体的な手順は端末やシチュエーションごとに異なるため割愛するが(気になる人は拙著『ここが知りたい! デジタル遺品』を読んでほしい)、とにかく簡単には諦めないことだ。

出典:日経トレンディネット、2018年6月6日
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。