職場のデスクにスマートフォンを置いて離席したところ、配偶者や恋人からの怒りのLINEメッセージがロック画面に次々と表示され、けんかの真っ最中だと周囲にばれる――。LINEの使い方を間違えると、こんな悲劇が起こってしまう。今回はプライバシーをしっかり守り、安心してLINEを使う方法を紹介しよう。

スマートフォンの画面にLINEのメッセージが表示され、同僚にプライベートがばれてしまう場合がある
[画像のクリックで拡大表示]

 仕事中に家族や友人からLINEメッセージを受け取ったことのある人は少なくないだろう。LINEメッセージは受信者の都合の良いときに読めばいいので、いつでも気軽にメッセージを送れる。

 この便利さが悲劇を招く場合もある。スマートフォンの機種や設定によっては、使用中でも画面ロック中でもメッセージを受け取るとプレビューを表示する。

 そのため職場のデスクにスマートフォンを置いて離席中のとき、打ち合わせの席でスマートフォンをテーブルに置いていたとき、相手にスマートフォンの画面を見せて説明していたとき、メッセージが届くと同僚や取引先の目に入ってしまう。それが、夫や妻、恋人からの怒りのメッセージ、母親から飛んでくるお小言のメッセージ、友人からのふざけたやり取りだったら最悪だろう。

スマートフォンの画面を仕事相手に見せている最中、突然表示された妻からのLINEメッセージ
[画像のクリックで拡大表示]