出張先で食べた料理に感動した。この気持ちを知り合いと分かち合いたい。自慢したいという下心もちょっとある――。FacebookやInstagramなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を使っていると、こうした思いを抱くことが少なからずあるだろう。

 ところが、料理がおいしく見えるように撮影するのは意外に難しい。飲食店は落ち着いた雰囲気の演出のためか暗めの照明になっており、スマートフォンのカメラで撮るだけだと鮮やかさの欠けたあまりおいしくなさそうな写真になってしまう。また、人の記憶に残った色味と、カメラが写し取った色味は違う。

 料理をおいしそうに見せるため、照明や撮影方法に凝る手もあるが、そこまでするのは面倒という人が多いだろう。そこで今回は、スマホのカメラアプリを使って簡単に、料理写真の見栄えを良くする方法を紹介する。ちょっとした手間で、SNSでの反響が増えること間違い無しだ。

料理写真の加工に特化した「Foodie」

 おいしく見えるように料理写真を加工する機能で定番となっているのが、「Foodie」というカメラアプリだ。Foodieが持つカメラ機能で直接撮影して加工する機能に加え、スマホのカメラで撮影済みの写真を加工する機能も持つ。加工した写真はスマホに保存したり、SNSに投稿したりできる。

 面白いのは、Foodieの開発元が韓国スノー(SNOW)である点だ。同社が提供するカメラアプリ「SNOW」は、自分の容姿を美しく加工してくれる機能で若者の支持を集めている。目を大きくして、犬や猫の耳や鼻を顔に貼り付けた自撮りの写真や動画を目にしたことがある読者もいるだろう。顔写真を“盛る”だけでなく、料理の写真も“盛る”のだ。

 以下では、Foodieで写真を加工する方法を説明していこう。

 まず、Foodieを起動する。このまま撮影してもいいが、今回はすでにスマホに保存した写真を加工する流れで説明しよう。まず、左下のボタンをタップして加工したい写真を選択する。

Foodie起動時の画面。左下の赤枠で示したボタンをタップすると、撮影済みの写真を選択できる
(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 写真を選択すると、以下の画面に遷移する。写真を加工したい場合は、画面の下部中央に赤枠で示したボタンをタップする。

Foodieで撮影済み写真を選択した後に表示される画面
(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 画面下部に複数のフィルターのボタンが現れる。フィルターごとに加工の方向性が異なる。タップすると加工後の写真をプレビューできるので、ここで幾つか試して好みのフィルターを選ぶ。今回は色を鮮やかにする「YU3」を選択してみた。

Foodieで写真を加工する画面
(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]