コンビニに置かれているマルチコピー機が、今や競馬や競輪といった公営競技ファンの強い味方になっている。専門紙や予想をまとめたデータシートを販売しているのだ。知る人ぞ知る、コンテンツ流通経路としてのコンビニのマルチコピー機を紹介する。

 コンビニエンスストアに置かれている「マルチコピー機」と呼ばれる複合機は、コピーだけでなく、パソコンのプリンターやスキャナーとしても活躍する。ビジネスではテレワークの強い味方になるが、プライベートで楽しく使える機能も数多く秘めている。知る人ぞ知る、コンテンツのプリント出力サービスを紹介しよう。

コンビニのマルチコピー機。大事な軍資金に手を付ける前に、コンビニに出向くと情報武装できる
(出所:シャープ)
[画像のクリックで拡大表示]

 コンビニのマルチコピー機は、競馬や競輪といった公営競技ファンの秘密兵器になり得る、と言ったら驚かれるだろうか。競馬ファンが楽しみにしている2019年5月26日開催の日本ダービーも、マルチコピー機をフル活用するともっと楽しめるかもしれない。

 セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートのコンビニ大手3社はシャープ製または富士ゼロックス製のマルチコピー機を導入している。具体的には、セブン-イレブンが富士ゼロックス製、ローソンとファミリーマートがシャープ製である。どのコンビニのマルチコピー機も「コンテンツプリント」という機能を備えている。

 コンテンツプリントを使うと、様々な情報や画像をコンビニの店頭で紙に出力できる。マルチコピー機はいわば、紙に印刷したコンテンツの自動販売機なのだ。驚くのが、公営競技に関連したコンテンツの充実。中央競馬や地方競馬、競輪、競艇、オートレースの専門紙やデータシート、結果速報など、レースの予想に活用できる情報を手軽に購入できるのだ。紙に印刷されるので、赤鉛筆での書き込みも自由自在だ。

マルチコピー機で出力した、デイリースポーツが発行している競馬新聞「馬サブロー」。シャープがサンプルとして提供している記事を掲載した。価格はレースやコンテンツで異なり、100円~600円(税込み)
(出所:シャープ)
[画像のクリックで拡大表示]