米グーグル(Google)は米国時間2019年5月7日、自社開発スマートフォン「Pixel」シリーズの新モデル「Pixel 3a」と「Pixel 3a XL」を発表。日本では5月8日からSIMフリー版の予約受付を開始した。2018年11月に発売された「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」の廉価版に当たる製品だ。

 SIMフリー版の価格はPixel 3aが4万8600円(税込み、以下同)、Pixel 3a XLが6万円である。現行機種であるPixel 3は64GBモデルで9万5000円、Pixel 3 XLは同11万9000円なので、どちらも約半額である。

5.6インチディスプレーのスマートフォン「Pixel 3a」(左)と、6インチの「Pixel 3a XL」(右)
(写真:スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]

Pixel 3aの見た目はPixel 3とそっくり

 Pixel 3aとPixel 3のデザインはそっくりだ。ただし、Pixel 3aのディスプレーサイズは5.6インチで、5.5インチのPixel 3より若干大きい。横幅が1.9ミリ大きく、手に持つと微妙な違いを感じる。重さは147グラムで、Pixel 3より1グラムだけ軽い。

Pixel 3(左)とPixel 3a(右)の比較。Pixel 3aの方が若干縦に長く、横幅も広い
(写真:スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]

 背面のツートンデザインやカメラ、指紋センサーの配置もほぼ同じだ。背面の素材にはPixel 3で使われたソフトタッチガラスではなく、ポリカーボネートを採用している。樹脂らしい質感で、人によっては安っぽく感じるかももしれない。ケースを取り付けるユーザーだと、気にならないだろう。

Pixel 3(左)とPixel 3a(右)の背面の比較。写真では伝わりにくいが、Pixel 3aはポリカーボネート製ボディーで質感が異なる
(写真:スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]