AIで顔や体を美しく補正

 人気TikTokerを目指すユーザーは、1人でカメラに向かってアイドルのような表情を見せ、「#おすすめにのりたい」などのハッシュタグを付けて投稿する。TikTokは、こうした女性たち向けの機能を搭載している。顔や体を補正して美しく“盛る”のだ。

撮影画面で「美肌」ボタンを押すと、補正の度合いを調整できる
[画像のクリックで拡大表示]

 ここでもAIを駆使する。TikTokは動画に写った顔から106個のポイントを検出して、美顔効果を施す。体には17個のポイントを設定して、手足を長くする加工をする。

 10代女子は普段からプリクラや美顔アプリで自分の顔や体を補正している。そうしたユーザーにとって、顔や体を美しく加工する機能への抵抗は無い。むしろ、いつもネットにアップしている補正済みの自分の姿で動画を投稿できる、と歓迎されている。

 スピード感があり使い勝手の良いUI、顔や体を美しく加工する機能といった技術に加え、投稿のハードルが低い空気という文化も、TikTokが人気を集めている理由に挙げられる。

 10代女子がTikTokへ投稿する動画は、TikTok内で流行している曲や振り付けをまねして踊るものが多い。振り付けは身ぶり手ぶりだけなど、非常に簡単なものだ。「あの流行しているダンスを私たちもやってみようか」と、気軽に投稿できる。