複雑な若者の心理を反映し、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の使い方が変化している。象徴的なのは「エフェメラル系SNS」の隆盛だ。エフェメラル(Ephemeral)とは、「つかの間の」「はかない」といった意味の英語。つまり、エフェメラル系SNSとは、一定の時間がたつと投稿が自動的に消滅するSNSを指す。

エフェメラル系SNSが人気
(出所:123RF)
[画像のクリックで拡大表示]

 エフェメラル系SNSが本格的にブームになったのは2016年だ。この機能で初めて注目を集めたのは、2011年に登場した「Snapchat(スナップチャット)」という写真共有メッセージアプリである。写真などの投稿されたコンテンツは24時間で自動的に消える。友人との直接メッセージのやりとりに至っては最長10秒で消える。これが米国の若者の間で大流行した。

 Snapchatは日本ではあまりはやらなかった。しかし現在は違うプラットフォームで、エフェメラル系SNSが人気になっている。それが写真共有のSNSである「Instagram(インスタグラム)」だ。

 皆さんはInstagramにどんなイメージを持っているだろうか。流行語にもなった「インスタ映え」をイメージする、あるいはキラキラしたナイトプールやゴージャスな服や食事の写真の羅列を思い浮かべるかもしれない。だがそれはInstagramの一面にすぎない。

 インスタ映えを狙った写真が投稿されるのは、「フィード」と呼ばれるInstagramの投稿部分だ。フィードは自分で削除しない限り、ずっと残る。本人の人となりを表すスペースと捉えられており、特に女子中高生はいかにセンスの良い写真を並べるかに心血を注いでいる。

 「いいね!」が少なかった投稿や、今ひとつ映えない画像だと分かると、即座に消すこともある。つまり、取って置きの1枚の写真を投稿する場だ。

 しかし、そんな緊張状態ばかりでは、SNSを気軽に楽しめない。それをカバーするのが「ストーリーズ」という、Instagramのもう1つの投稿機能である。

 ストーリーズに投稿した写真や動画は24時間後に自動的に消える。ビジネスパーソンで使っている人はあまり多くない。Instagramのアカウントを持っている人でも、大人はストーリーズの機能をよく知らないかもしれない。

Instagramのストーリーズ
[画像のクリックで拡大表示]