スマートフォンやタブレット、デジタルカメラ、Bluetoothヘッドホン、モバイルルーターなど、持ち運ぶ電子機器が増えている。特に出張や旅行などの出先で充電する機会が多い人は、モバイルバッテリーやケーブルを持ち歩いているだろう。これだけでもかなりの荷物になってしまう。モバイルバッテリーは小型・大容量化が進んでいるが、厄介なのは機器につなぐケーブルだ。

 機器側のポートがどれも同じ規格ならいいが、そうでない場合のほうが多い。すると何本ものケーブルを持ち歩くことになるし、どれかを忘れる可能性もある。こうした問題を解決してくれる便利なグッズが、一本に複数のコネクターを備えた「多機能ケーブル」である。

 外出先に多機能ケーブルを一本持っていけば、大抵の機器に対応できる。持ち歩くケーブルの数を減らせるし、機器ごとにケーブルを差し替える煩わしさが減る。友人や知人がケーブルを忘れたときには、多機能ケーブルで助けてあげられるかもしれない。うまくいけば間違いなく感謝される。

 自宅や職場でも多機能ケーブルは活躍する。普段はほとんど使っていない機器を久しぶりに使うことになったとき、本体はあってもケーブルが見当たらなくて充電やパソコンとの接続ができず、困った経験がある人がいるはずだ。多機能ケーブルがあれば、いざというとき頼りになる。

 多機能ケーブルにはいくつかのタイプがある。タイプごとに、使い勝手や向き・不向きが異なる。以下では、多機能ケーブルを「キャップタイプ」「分岐タイプ」「マルチヘッドタイプ」の3つに分類し、それぞれの特徴や注意点を紹介する。多機能ケーブル選びの参考にしてほしい。

現在の主流は「キャップタイプ」

 現在最も入手しやすいのが、キャップタイプだ。家電量販店で売っている多機能ケーブルは、ほとんどがこのタイプと言ってよい。その多くは、両端がUSB Type-Aとmicro USB Type-B(以降、micro USB)のオス端子となっている一本のケーブル。micro USB側に差し替え可能なキャップ状の変換アダプターが付属する形になっている。変換アダプターを差し替えれば、LightningやUSB Type-Cといった別の規格にも対応できる。

キャップタイプの例。写真は米ベルキン(Belkin)の「ユニバーサルケーブル」。micro USBを基本とし、変換アダプターをかぶせることでType-CとLightningにも対応。アップルのMFi認証を取っている。想定価格は2480円(税別)
(出所:ベルキン)
[画像のクリックで拡大表示]

 キャップタイプは分かりやすく言えば、「ケーブルに変換アダプターが標準で添付された商品」というもの。変換アダプターを別途購入するよりも安いし、変換アダプターは樹脂製のコードでつながっていたりと、無くさないように工夫されている。変換アダプターを個別にそろえるより、ずっと便利だ。