今やスマートフォンは、海外旅行に必須のアイテムになりました。初めて行く国や地域でも、ネット検索や地図アプリを使うことで、仕事や観光に役立ちます。メールやチャットなどのやり取りも、日本にいるときと同じようにできます。

 海外でスマートフォンを使うには、いくつかの手段があります。大手携帯電話会社の国際ローミングサービスは、料金が割高になるものの、通信はもちろん、日本にいるときと同じ番号で電話もできます。通信だけなら、空港で海外用のモバイルWi-Fiルーターをレンタルする手もあるでしょう。安さを追求して、SIMロックフリーのスマートフォンに現地で購入したプリペイドSIMを挿して使う人もいます。

 そこに2018年、新たな手段が加わりました。エイチ・アイ・エスと日本通信が設立した合弁会社、H.I.S.Mobileが提供する「変なSIM」です。

形状も料金も変わっている

 変なSIMは、海外専用のプリペイド型SIMのサービスです。通常のSIMのほかに、シール型SIMを用意しているのが特徴です。このシール型SIMを、普段使っているSIMに貼り付けて使います。これにより、現在使っているSIMカードに、海外で使えるプリペイドSIMの機能を追加できます。

 使い方も簡単です。スマートフォンに専用アプリをインストールし、使用するSIMを切り替えるだけです。国内にいるときは普段使いのSIM、海外滞在中だけ変なSIMを使うように設定できます。

「変なSIM」のパッケージ
(撮影:伊藤浩一、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 変なSIMは現在、78カ国・地域で利用可能です。料金も独特で、1日200Mバイトまで使えて日額500円(プラン制)です。使用するデータ量が少ないものの、分かりやすく、他のサービスに比べればお得に感じます。海外渡航前にクレジットカード決済で、使用地域と使用日数が設定されているプランを購入し、これを使用時に消費します。プランの有効期限は3カ月間です。

 そんな中、筆者は香港に行く機会があり、「これは変なSIMを試す絶好の機会だ」と思い、実際に使ってみました。以下では、そのときの感想や気付いたことを紹介します。