国内メーカーの中で、長年にわたって立ち位置がブレていないのが、Let's noteを提供するパナソニックだ。一貫して堅牢性の高いモバイルノートにこだわっており、デザインよりも頑丈さを重視する。同じコンセプトのモデルを長年提供し続けた結果、今や独特の形状が強いブランド力を発揮するようになっている。

 今シーズンは、最も売れ筋の12.1型液晶モデルが「Let's note SVシリーズ」へと一新された。旧モデルの「Let's note SZ」シリーズと同じようなデザインに見えるが、光学ドライブの位置が変わるなど、フルモデルチェンジを遂げている。光学ドライブを内蔵しないタイプでは、カバー部分だけではなくボディーのベース部分が変わるので、見栄えが良くなっている。

 僕自身も旧モデルのLet's note SZを使っているが、今回は買い換えを見送ろうかと考えている。購入する際には高価だが、末永く安心して使える頑丈さが、Let's noteの長所だ。短期間で買い換えるよりも、結果として安上がりになるかもしれない。

新登場の「Let's note SV」は12.1インチ液晶の売れ筋モデルだ
(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
左の旧モデル「Let's note SZ」と比べてもあまり変わったようには見えない
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら