華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)が2018年11月28日に発表した「HUAWEI Mate 20 Pro」は、有機ELの大画面や3つのカメラを搭載したフラグシップスマートフォンだ(写真1)。

写真1●HUAWEI Mate 20 Pro(SIMフリー版)
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 Mate 20 Proは、日本では2018年11月30日にSIMフリー版が発売され、12月7日からはソフトバンクも予約の受け付けを開始する。果たしてどこが進化したのか、本記事ではSIMフリー版の実機をレビューする。

横幅が細くなり持ちやすさも向上

 Mate 20 Proを手に持ったときの第一印象は、「細長くなった」と感じる。画面の縦横比は19.5:9と、前モデルの18:9よりも縦長になり、本体の横幅は約72.3mmと2mm以上も細くなった(写真2)。

写真2●前モデルのMate 10 Pro(左)とMate 20 Pro(右)の比較
[画像のクリックで拡大表示]

 手に持ったときのフィット感も良くなった。端末は背面だけでなく、前面も両端がカーブを描いており、手になじみやすい(写真3)。

写真3●画面の左右端がカーブを描いている
[画像のクリックで拡大表示]

 ただし、持ち方によっては画面の端に指が触れたと判定されてしまい、タッチ操作がうまく機能しないことがあった(写真4)。

写真4●持ちやすいが、画面に指が触れたと判定されることも
[画像のクリックで拡大表示]

 約6.39インチの有機ELディスプレーは発色、コントラストともに優れており、圧倒的な迫力がある。画面を分割して複数のアプリを使えることも、実用的だ(写真5)。

写真5●2画面にも対応
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら