中国の華為技術(ファーウェイ)は2019年9月19日、ドイツ・ミュンヘンで開催した新製品発表会でスマートフォン「HUAWEI Mate 30」シリーズとスマートウオッチ「HUAWEI WATCH GT 2」などを披露した(写真1)。

写真1●ファーウェイが「Mate 30」シリーズを発表
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 Mate 30は、5G対応や4眼などのカメラ機能が大きな特徴だ。OSはAndroid 10ベースだが、Google PlayやGmailといった米グーグル(Google)のアプリを搭載しない。代わりにファーウェイ独自のアプリシステム「HUAWEI Mobile Services」(HMS)を搭載する。

最新統合チップ採用で第2世代5G対応をアピール

 発表会では、コンシューマー事業部門のリチャード・ユーCEOの氏が登壇(写真2)。2019年1~8月に「HUAWEI P30」シリーズを1700万台、「HUAWEI Mate 20」シリーズを1600万台以上出荷したと説明した。

写真2●ファーウェイ コンシューマー事業部門のリチャード・ユーCEO
[画像のクリックで拡大表示]

 Mate 30シリーズとして、「HUAWEI Mate 30」と「HUAWEI Mate 30 Pro」を発表した(写真3、4)。どちらも、5Gモデム機能を搭載した同社製の統合チップ(SoC)「Kirin 990」を採用する。Kirin 990は、2019年9月6~11日に開催された展示会「IFA 2019」(ドイツ・ベルリン)で発表された。

写真3●HUAWEI Mate 30
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●HUAWEI Mate 30 Pro
[画像のクリックで拡大表示]

 ディスプレーはどちらも有機ELを採用し、Mate 30は縦横比19.5:9の6.62型、Mate 30 Proは縦横比18.4:9の6.53型でMate 30 Proのほうがやや小さい。重量は、Mate 30が196g、Mate 30 Proが198g。どちらもアップルの「iPhone 11 Pro Max」より軽量だが、ディスプレーサイズやバッテリー容量は大きい。

 Mate 30シリーズは第2世代の5G対応端末で、世界各国の5Gバンドに対応した。発熱の大きい5G通信に備えた冷却機構を工夫したという(写真5)。

写真5●Mate 30シリーズは第2世代の5G端末とした
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら