ASUS JAPANは2019年4月17日、法人・教育市場向けPCについて説明会を開き、ChromebookやWindows 10 Pro搭載PCの新製品を発表した(写真1)。5月より順次販売を開始する。

写真1●ASUSが法人・教育市場向けPCを発表(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ASUSの直販サイトには法人・教育機関向け特設ページを開設。ASUS製品の導入トライアルキャンペーンも実施する。

ChromebookやWindows 10 Pro搭載機を多数展開

 14型Chromebookとしては「ASUS Chromebook Flip C434TA」を発売する(写真2)。ディスプレイを360度回転できる構造で、タブレットモードやテントモードで利用できる。希望小売価格は8万4800円(税別)、発売日は4月19日である。

写真2●ASUS Chromebook Flip C434TA
[画像のクリックで拡大表示]

 Chromebookを導入した東京国際フランス学園では、Pythonを使ったレポートプログラミングなどに活用(写真3)。授業では教師が生徒のノートPCの利用状態をリアルタイムに確認しながら、コメントを返すことができる。

写真3●東京国際フランス学園がChromebookを導入
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら