LINEは2019年4月17日、モバイル決済サービス「LINE Pay」について都内で記者発表会を開き、利用金額の実質最大20%を還元するキャンペーンやLINE Payの決済に特化した「LINE Payアプリ」を発表した(写真1)。

写真1●LINE Payが平成最後の20%還元や専用アプリを発表
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 「平成最後」と位置付ける還元キャンペーンは4月18日から30日まで実施する。LINE Payの決済専用アプリはAndroid版を即日リリースし、iOS版も近日中に提供する。

LINE Payの国内登録ユーザーは3200万人

 発表会にはLINE Payの長福久弘取締役COO(最高執行責任者)が登壇した(写真2)。「平成を振り返ると、電子マネーやおサイフケータイが普及した。令和の時代にはキャッシュレスが当たり前になり、お金のあり方を変えるだろう」と語った。

写真2●LINE Payの長福久弘取締役COO
[画像のクリックで拡大表示]

 LINE Payの国内登録ユーザー数は3200万人で「ナンバーワンと自負している」(長福COO)。2019年の目標としてはグローバルで1000万アクティブユーザーを掲げた。

 LINE Pay展開の核となるキャンペーンとして同社は毎月後半に「Payトク」を提供してきた。キャンペーンの結果、2018年5月から2019年3月までにコード支払いの利用者は21倍(2110%)になったという(写真3)。

写真3●Payトク効果でコード支払いの利用者は21倍に
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら