2019年1月8日(米国時間)から米ラスベガスで開幕した「CES」で、出展していない米アップル(Apple)が会場近くに出した広告が話題になっている。CESで音声アシスタントを積極的にアピールする米グーグル(Google)や米アマゾン・ドット・コム(Amazon.com)をけん制する内容だったからだ。

アップルがCES会場近くに出した広告
[画像のクリックで拡大表示]

 「What happens on your iPhone, stays on your iPhone.(あなたのiPhoneで起こったことは、あなたのiPhoneの中にだけ残る)」。アップルがCES会場であるラスベガス・コンベンション・センター(LVCC)の向かいに立つホテルの壁面に展開した広告には、そう記されている。

 「What happens in Vegas, stays in Vegas.(ラスベガスで起きた出来事は、ラスベガスに置いていく)」。ラスベガスには、観光組合が広めたとされる「旅の恥はかき捨て」に相当する有名なキャッチコピーがある。アップルの広告にある文言はそれをもじったものだ。その言わんとするところは「iPhone上のユーザーデータが、他者の手に渡ることはない」といった意味になる。

 アップルがこのような広告をCES会場近くに掲出した狙いは明白だ。今年のCESの主役が、ユーザーから様々なデータを収集し、それを使った広告ビジネスなどを展開するグーグルやアマゾンだからだ。

 グーグルはCES会場に巨大なパビリオンを設け、音声アシスタント「Googleアシスタント」をアピールしている。パビリオンにはGoogleアシスタントを呼び出すフレーズである「Hey Google」があしらってあるほか、このフレーズはCES会場のLVCCのビルにも大きな広告として掲示されている。

グーグルの巨大なパビリオン
[画像のクリックで拡大表示]
CES会場に掲出されたグーグルの巨大広告
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら