中小の住宅会社やリフォーム会社の社員は経営者に対して、報酬や休日を増やすことよりも公正な人事評価制度を整備することを求めている――。LIXILのグループ会社、LIXIL住生活ソリューションがLIXIL傘下のフランチャイズ(FC)店を含む405社を対象にしたアンケート調査から、そんな実態が明らかになった。

 アンケート調査は、LIXIL住生活ソリューションの経営診断サービスを利用したことのある住宅会社、リフォーム会社、建材流通会社など計405社に勤務する3914人の社員を対象に、2018年秋から19年9月にかけて実施したもの。自社の姿勢、社風、待遇などに関する40問の設問に対して、回答者は満足度を6段階のスコアで評価した。

 個々の設問が社員の満足度に与える影響については、各設問のスコア分布を全設問の平均スコアに照らして評価。平均スコアに対するスコアのばらつき度合いの大小を「相関係数」として指標化する。スコアのばらつきが小さい設問は相関係数が高く、社員の満足度への影響が相対的に大きいと判断。反対にばらつきが大きい場合は、社員満足度への影響が小さい設問とする。

LIXIL住生活ソリューションが実施した調査の結果。住宅会社やリフォーム会社など計405社、3914人の社員が、40の設問を6段階で評価した。アンケートはウェブ上で回答する形式を採用。19年11月に結果を集計した(資料:LIXIL住生活ソリューション)
[画像のクリックで拡大表示]

 その結果、社員の満足度への影響が大きかった設問の上位には「経営陣は、社員の声に耳を傾けている」「私の上司は、適切な目標を設定し、共有してくれている」「私の会社は、部下の仕事振りを公正に評価し、報酬に反映させている」などの設問が並んだ。いずれも仕事の評価に関連する設問だ。その一方で、「私は、自分の貢献に見合った報酬を得ている」「私の会社は有給休暇を取得しやすい風土がある」など賃金や休日などの待遇面に関する設問は、従業員の満足度への影響が相対的に小さいと分かった。

 調査に当たったLIXIL住生活ソリューション事業企画部の一井啓史部長は「経営者や上司が、従業員といかに向き合っているかが重要。日常的な業務の中で、従業員の勤務態度についてきちんと目を配って評価することが求められている。年代別の傾向としては、承認欲求の面で不満を抱える傾向は34歳以下の若手で特に顕著だった」と話す。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら