工学院大学と能美防災(東京都千代田区)は2019年11月29日、水と無機物を成分とする高粘度液体を用いた消防技術を共同で開発したと発表した。液体を付着させて空気を遮断し、火災拡大を抑制する。研究開発の背景には、近年多発している歴史的建造物の大規模火災がある。

 両者が着目したのは、高粘度液体の「チキソ性」。力が加わっていない状態ではゲル状に、力を加えると液状に変化する性質だ。スプレーで噴射したり圧送したりする際は液状で、付着時にゲル状に変化する。建物などに付着しても、洗い流せば跡が残らない。

工学院大学と能美防災が開発した高粘度液体(資料:工学院大学)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら