過去50年間で最も影響力のある超高層ビル50棟は何か――。その調査結果を、米国・シカゴに本部を置く国際非営利団体(NPO)「高層ビル・都市居住評議会(Council on Tall Buildings and Urban Habitat、以下CTBUH)」が2019年10月に発表した。日本からは唯一、東京都新宿区に立つ「モード学園コクーンタワー」が選ばれた。

米国の「高層ビル・都市居住評議会(CTBUH)」が、過去50年間で世界に影響を与えた超高層ビル50棟のアンケート調査を実施し、その結果を発表した。日本では、「モード学園コクーンタワー」が選出された(写真:堀内 広治)
[画像のクリックで拡大表示]

 調査は、CTBUHが19年に設立50周年を迎えるに当たって実施した。同団体の会員である建築などの専門家が、建物の象徴性や周辺環境・景観との調和性、環境配慮、構造の革新性などの観点で、1969年~2018年に完成した50棟の超高層ビルを選出した。

 50棟には、最も古いもので「ジョン・ハンコック・センター」(1969年完成、米シカゴ)、最も新しいもので「セールスフォースタワー」(2018年完成、米サンフランシスコ)が選ばれた。国・地域別にみると最多は米国14棟で、次いで中国6棟。アラブ首長国連邦や英国、香港などでもそれぞれ複数棟ある。日本は「モード学園コクーンタワー」(08年完成)の1棟だけという結果になった。

中国の超高層ビルも複数ノミネートした。写真は中国・上海に立ち並ぶ超高層ビルで、右から「上海タワー」(2015年完成)、「ジンマオタワー」(1999年完成)、森ビルグループが運営する「上海環球金融中心」(2008年完成)。いずれも50選に入っている(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本企業が関与した海外プロジェクトでは、熊谷組が施工を担当した「中国銀行香港支店ビル」(香港、1990年完成)、「台北101」(台湾・台北、2004年完成)、森ビルグループが運営する「上海環球金融中心」(中国・上海、08年完成)、積水ハウスがシンガポールのフレイザーズ・センターポイント・リミテッドと共同開発した「ワン・セントラル・パーク」(オーストラリア・シドニー、14年完成)が挙がった。

香港に立つ「中国銀行香港支店ビル」。施工を熊谷組が手掛けた(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
台北に立つ「台北101」を見上げる。熊谷組が施工を手掛けた(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら