鹿島は、照明設備の照度測定・調整を無人でできるロボットを開発した。人が作業するのと比べて、人数と時間をそれぞれ8割削減できる。鹿島が施工したオフィスビルの現場に導入し、効果を確認した。

鹿島が開発した照度測定・調整ロボット。竣工前に照明設備の照度が設計値通りになるよう検査・調整する際に使用する(写真:鹿島)
[画像のクリックで拡大表示]

 開発したロボットは、竣工前に天井照明や非常用照明の照度を設計値に合わせる検査・調整の際に活用する。この作業は、太陽光の影響を受けないよう夜間に実施する必要があるうえ、対象となる照明設備の数も膨大なので、現場の負担が大きかった。例えば、1フロアが約3500m2のオフィスで約100カ所を測定・調整する場合、作業員5人で5時間程度の時間を要していた。

 ロボットはアームを備えた台車型。本体部分には、操作用のディスプレーとロボットが自己位置を認識するレーザーレンジファインダーを装備した。アーム部分には照度計を搭載している。本体重量は22kgだ。

アーム部分に照度計を備えた。1カ所当たりの測定は約2秒で済む。本体には自己位置を確認するためのレーザーレンジファインダーを装備した(写真:鹿島)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら