山口市の山口情報芸術センター(YCAM)で2019年9月22日、台風17号の強風で金属製の屋根ふき材がめくれ、断熱材が周囲に飛散する被害があった。この建物では04年9月にも屋根材が台風によって飛散しており、市は補修工事を実施していた。

山口市の山口情報芸術センター(YCAM)で2019年9月22日、台風17号の強風で屋根材がめくれる被害が発生した(写真:山口市)
[画像のクリックで拡大表示]

 山口情報芸術センターは03年11月に開館。延べ面積は約1万4800m2、高さは約20mだ。発注者は山口市、設計は磯崎新アトリエ、施工は大林組・安藤建設・旭建設工業・技工団特定建設工事共同企業体が手掛けた。屋根は幅30m、長さ171mで3つの山がある曲面で構成する。厚さ0.6mmのガルバリウム鋼板を短辺方向にふいていた。

山口情報芸術センターの外観。屋根は3つの山の曲面で構成する(写真:山口市)
[画像のクリックで拡大表示]

 このガルバリウム鋼板が幅15m、長さ10mにわたってめくれ上がった。被害箇所は補修工事をした箇所の一部で、山の形をした屋根の中腹部分。山口市建築課は、ガルバリウム鋼板と下地材を一体化させるボードファスナーなどの経年劣化が被害の原因の1つとみている。

 この下にあった約180枚のスタイロフォームが建物の周囲に飛散。巡回していた警察官が飛散したスタイロフォームを発見した。飛散物によるけが人は確認されていない。山口市にある気象観測所では当時、瞬間最大風速28.9m/秒を記録した。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら