三菱電機ビルテクノサービスは2019年10月1日から、ビルの空調を自動制御するサービス「スマート・省エネ・アシスト」を始めた。省エネに詳しい人材がいなくてもビルの省エネを実現できるようにして、企業の電気料金削減や環境配慮の取り組みを支援する。機械学習を用いて、それぞれのビルに合わせた省エネの計画を立てるのが特徴だ。

三菱電機ビルテクノサービスは2019年10月1日から、ビルの空調を自動制御するサービス「スマート・省エネ・アシスト」を始めた。同社技術開発本部ファシリティ開発部ビル設備グループの妻鹿利宏主事らが報道陣にサービスの内容を説明した(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 スマート・省エネ・アシストは、省エネ計画の作成時に用いる「省エネシミュレーション」と運用時に用いる「アクティブ省エネ制御」を組み合わせたサービス。省エネシミュレーションでは、対象となる空調機器を選択すると、ビル全体の電力使用量やピーク電力の削減効果を算出できる。シミュレーション結果をユーザーに提示して、年間の削減目標を設定する。

省エネシミュレーションの模式図。ビル全体の電力使用量やピーク電力のシミュレーション結果をユーザーに提示して、年間の削減目標を設定する(資料:三菱ビルテクノサービス)
[画像のクリックで拡大表示]

 ビルに合わせて削減効果を高精度にシミュレーションするには、各空調機器における消費電力の把握が必要だ。従来はセンサーなどを設置して把握していたが、センサーの設置費用などがかさむのが課題だった。そこで同社は、各時間帯のビル全体の受電電力と空調機器の使用状況を人工知能(AI)に学習させて、空調機器ごとの消費電力を算出する技術を開発した。

 三菱電機ビルテクノサービスは、空調機器ごとに消費電力を算出する技術について特許を出願中だ。

省エネシミュレーションのイメージ。ビル全体の受電電力と空調機器の使用状況から、空調機器の消費電力を算出する(資料:三菱ビルテクノサービス)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら