清水建設が開発中の人工知能(AI)を活用した「早期火災検知システム」が実装段階に入った。ガスセンサーやレーザーセンサー、炎センサーなどのIoT(モノのインターネット)センサーから得た情報を基に、AIが高い精度で火災発生を見付ける。自動火災報知設備と併せて導入し、火災リスクを減らすのが狙いだ。2019年8月22日、同社が開発している大規模物流施設「S.LOGi(エスロジ)新座West」で実験を公開した。

 開発を担当した同社情報ソリューション事業部システムインテグレーション部の藤村広二グループ長は「実際に物流施設内の大規模な空間で実験できたことがシステム開発に大きく貢献した。自社物件だからこその強みだ」と説明した。

清水建設が開発している「早期火災検知システム」の公開実験の様子。左は発煙筒の煙、右は段ボールを燃やして発生した煙(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 公開実験では、重ねた段ボールの間にハンダごてを挟んで加熱した。物流施設内で、フォークリフトのタイヤが段ボール上で空回りして大規模火災に進展した事例を模した。

 エスロジ新座Westのスパン(柱の間隔)は11m、梁下の有効高さは5.5~6.5mで、実験に使用したのは壁に囲まれた4スパン×3スパンの大空間だ。この中央付近に火種を置いた。

 段ボールやビニールが燃えた際に生じる化学物質を検知するガスセンサーは計32台。天井に設置した他、人の顔の高さに三脚で固定した。ガスセンサーは同社が物流施設での早期火災検知に特化して開発したものだ。電源が電池で無線通信を採用しているため、設置位置の自由度が高い。さらにレーザーセンサー1台を壁に設置して煙の形を計測した。これらのセンサーから得た情報を基に、AIが火災が発生したかどうかを判定し、監視モニターを通じて伝える。

S.LOGi(エスロジ)新座Westの外観。エスロジは清水建設が開発する物流施設ブランド。第4弾となる新座Westは、埼玉県新座市の土地区画整理事業地内で、同社の土木・建築・設計・投資開発部門が一体となって手掛けた。新座Westは、延べ面積約13万m2、地上4階建て、1階は鉄筋コンクリート造、2階以上は鉄骨造。2019年8月30日に竣工し、9月1日に一部入居が開始した。まだテナントが決まっていない区画の一部で、早期火災検知システムの実験やAIの学習を実施している(写真:清水建設)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら