竹中工務店は沖縄県浦添市に建設したショッピングセンターで、乗用エレベーターを使った火災時避難計画を採り入れた。国内で初めての導入となる。2019年7月30日に発表した。火災発生地点から遠いエレベーターだけを継続利用できるようにして、階段での避難が難しい高齢者や子ども、障害者などの避難をしやすくする。

竹中工務店は、沖縄県浦添市に建設した大型ショッピングセンターで、火災発生時に火元から遠い区画の乗用エレベーターを稼働させて避難に使える計画を初導入した(資料:竹中工務店)
[画像のクリックで拡大表示]

 建物は大型ショッピングセンター「サンエー浦添西海岸 PARCO CITY」で、地上6階建ての店舗棟と、地上7階建ての駐車場棟から成る。延べ面積は22万4021m2で、構造は鉄骨造。乗用と荷物用で合計13基のエレベーターを設置している。竹中工務店は設計・監理や施工を担い、建築主のサンエー浦添西海岸開発と、エレベーターを納入した三菱電機の3社で協議、連携して火災時避難計画を実現した。

沖縄県浦添市に建設した「サンエー浦添西海岸 PARCO CITY」の全景。店舗棟は1フロアの面積が約4万1900m2と広い(写真:竹中工務店)
[画像のクリックで拡大表示]

 従来は、火災が発生すると感知器が発する火災信号を防災盤で受信し、エレベーターの監視盤に送信。それを受けて、建物内にある全てのエレベーターが避難階に着いて止まるように制御してきた。このとき伝わる信号は、火災の発生だけを知らせるものだった。

 サンエー浦添西海岸 PARCO CITYでは、火災が発生した区画が分かる信号を監視盤に送ることで、火災発生時に稼働させるエレベーターと、停止するエレベーターを判別して制御できるようにした。建物全体で77ある防火区画のうち、火災が発生した区画と隣接区画のエレベーターを止め、離れた区画のエレベーターだけを動かす。火災発生源から隣の区画へと火が燃え広がれば、停止するエレベーターが増えていく。

 また、火災時には受変電設備や電線が焼失して停電する可能性もある。停電時には発電機からエレベーターに電気を供給し、影響を受けないようにした。さらに、防火区画ごとに消防活動拠点を設け、加圧給気によって拠点の安全を確保する。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら