老朽化した住宅の繊維系断熱材にしばしば見られる黒い変色──。この黒い変色の原因をこれまで多くの専門家や実務者はカビと考えてきた。

 ところが、「黒い変色の正体は、大気中の汚染物質や土壌成分を含む浮遊粒子状物質(SPM)が主だった」とする調査結果が明らかになった。調査はヒノキヤグループ(東京都千代田区)に委託された宮城学院女子大学の本間義規教授が実施し、報告書がこのほどまとまった。

 調査対象は、ヒノキヤグループが解体工事を手掛けた関東地方の5棟と、東北地方の1棟の木造住宅計6棟だ。

断熱材に付着している黒い物質を調査した住宅6棟の概要。築年数は22~44年。壁の断熱材は厚さ50mmが5棟、90mmが1棟だった(資料:ヒノキヤグループの資料などを基に日経xTECHが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 築年数は22 ~44年で、うち4棟は新省エネ基準の施行(1992年)前に完成した。壁の断熱材は5棟が厚さ50mmの袋入りもしくはクラフト紙付き、1棟は厚さ90mmで袋入り。通気層と気流止めは、6棟とも未施工だった。

今回調査した築44年になる東京都内の住宅の内装材を剥がした状態。黒い変色が断熱材全体に見られる(写真:ヒノキヤグループ)
[画像のクリックで拡大表示]
今回調査した築29年の埼玉県内の住宅。窓下に設置されていたポリエチレン袋入りグラスウールの屋外側が、黒く変色している(写真:ヒノキヤグループ)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら