日本を代表する構造家が去った。法政大学名誉教授で、川口衞(まもる)構造設計事務所代表の川口衞氏が2019年5月29日、病気のため死去した。86歳だった。1964年東京五輪のシンボルともいえる「国立代々木競技場」をはじめ、70年の日本万国博覧会(大阪万博)の「お祭り広場大屋根」など数々の有名建築で構造設計を手掛けた。「技術と感性を併せ持つ、稀有(けう)な人だった」。弟弟子に当たる構造家の斎藤公男氏はそう評する。

2019年5月29日、病気のため死去した川口衞(まもる)氏。写真は17年に撮影。技術と造形の融合を追求する姿勢は後進の手本ともなった(写真:花井 智子)
[画像のクリックで拡大表示]
1970年大阪万博の「お祭り広場大屋根」の夜景。幅約108m、長さ約291.6m、せい約7.6mで、世界最大規模のスペースフレームとして知られる。丹下健三氏がデザインし、1970年日本建築学会特別賞を受賞した(写真:神谷 宏治)
[画像のクリックで拡大表示]

 川口氏は1932年、福井県で銭湯を営む家に8人兄弟の長男として生まれた。上京を諦めて福井大学工学部建築学科へ進学。大学4年生のときに特別講演に来た東京大学生産技術研究所の坪井善勝教授と出会う。その後、坪井研究室へ入り、中心的な存在として活躍した。国立代々木競技場を担当したのは、28歳のときだった。

「国立代々木競技場第一体育館」の建設中の様子(写真:川口衞構造設計事務所)
[画像のクリックで拡大表示]

 60年に法政大学の教員に就任し、64年に独立。独立から間もない70年の大阪万博では、世界の構造設計が軽量化に向かっている流れを踏まえて、空気膜構造に取り組んだ。

 その一例が、「富士グループパビリオン」だ。形状は、16本の風船状のチューブをアーチ型にして並べたものだった。面白いのは、空気圧を管理する仕組みだ。空気膜内から伸びるパイプを、建物の周りに張っていたプールの水面下2500mmまで差し込み、水圧以上の気圧にならないように制御した。

1970年の大阪万博に設置した「富士グループパビリオン」の外観。村田豊氏(1917~88年)が設計した。室内外の気圧差を必要としない空気膜アーチ構造を採用した(写真:川口衞構造設計事務所)
[画像のクリックで拡大表示]

 「どのような状況が起こっても確実なのは、原始的な仕組み。込み入った複雑な細工をすればするほど失敗の可能性が大きくなるものだ」。日経アーキテクチュアが2017年に行ったインタビューで、川口氏は「富士グループパビリオン」の仕組みについて、そう説明していた。

 そのほか手掛けた主な建築として、スペイン・バルセロナの「サンジョルディ・パレス」(磯崎新アトリエが設計、1990年竣工)や、岐阜県多治見市の「セラミックパークMINO」(磯崎新アトリエ・熊谷建築設計室共同企業体が設計、2002年竣工)などがある。

「セラミックパークMINO」の内観(写真:寺尾 豊)
[画像のクリックで拡大表示]

 構造設計の実務に携わる一方で、鉄筋コンクリート(RC)シェルやテンション構造、スペース・フレーム、免震構造など新しい研究分野を開拓し、国内外から高い評価を得た。1987~2000年には国際シェル・空間構造学会(IASS)副会長、00~06年には同会長を務め、自身も01年に同学会のトロハ・メダルを受賞している。海外の学会に川口氏が行くと、同氏をリスペクトする著名構造家が周りに多く集まったという。

世界の著名な構造家たちと親交があった川口氏。写真左は、ドイツ人構造家のヨルグ・シュライヒ氏(写真:川口 健一)
[画像のクリックで拡大表示]

 国内での受賞歴も多い。大分県別府市にある歩道橋「イナコスの橋」で1995年に土木学会田中賞、2005年に土木学会デザイン賞を受賞した。そのほか03年にJSCA賞、06年にBCS賞を受賞している。

 川口氏は代々木競技場を生涯の仕事と捉えていた。現在、代々木競技場の耐震改修が進められており、川口衞構造設計事務所が基本計画を担当した。「そのほか進行中のプロジェクトに関しても、今まで通り業務を継続していく」と事務所はコメントしている。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら