長谷工コーポレーションは2019年5月22日、同社と東京大学建築学専攻のT_ADS(Advanced Design Studies)で共同制作したパビリオン「URO-CO(ウロコ)」を発表した。パビリオンは、穴を開けて弾性を持たせたベニヤ板を重ね合わせ、人が中に入れるほど大きな筒状にしたものだ。東京都江東区にある同社のプレゼンテーションスペース「LIPS(リップス)」の入り口に設置し、来訪者を出迎える。設計には、同社若手社員の他に、T_ADSの隈研吾教授や小渕祐介准教授、佐藤淳准教授、平野利樹助教、学生たちが参加した。

長谷工コーポレーションと東京大学建築学専攻T_ADSが共同制作したパビリオン。東京都江東区に同社が持つスペースに展示している(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
パビリオンは上から手で押すだけでも変形するほど軟らかいが、直径の小さな部分は人が座れるほどの硬さがある。写真手前は、実際に座ってみせた長谷工コーポレーションエンジニアリング事業部の堀井規男統括室長(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 T_ADSは13年から毎年、大林組や清水建設など大手建設会社と組んで実験的なパビリオンを制作してきた。18年度は長谷工コーポレーションがパートナー企業となり、制作費を負担。これまでは東大キャンパス内に設置して1週間程度で撤去してきたが、今回は同社が18年10月末にオープンしたLIPS(Living Image Presentation Space)に置き、当分の間は展示し続けるという。(竹中工務店とT_ADSが共同制作したパビリオンは、15年12月4日公開の記事で紹介)

展示スペースの壁には、パビリオンをどのように検討したかプロセスが書かれている(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 「住生活と古くから密接な関係がある木をテーマとした」と話すのは、長谷工コーポレーションエンジニアリング事業部の堀井規男統括室長だ。パビリオンには、様々なサイズのベニヤ板を約100枚使用。密度や大きさの異なる穴をレーザーカッターで開けて、それを丸めてスパイラル上に重ね合わせ、「ナマコ形」の筒を構成した。

ベニヤ板に開ける穴の形状や密度などによって、軟らかさを調整した。写真は、検討プロセスを説明する長谷工コーポレーションの堀井統括室長(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 ベニヤ板は通常5層だが、曲げようとすると割れてしまうことが多かった。そこで、今回は15層で厚さ9mmのベニヤ板を使い、穴を開けることで軟らかさを出した。パビリオンはそのベニヤ板を2~4枚重ねて構成している。

 T_ADSでは、この穴の密度や形状を変化させることで、板の視線透過度、曲げやすさ、弾性を制御する仕組みを「ウロコシステム」と名付けている。計画当初は、板をCの字形に曲げて一部開いた状態も検討していた。だが、形状を維持するためにワイヤで拘束する必要があることなどから、最終的にOの字形に閉じた断面でチューブ状になる形を採用した。

パビリオンの断面。ベニヤ板の厚みは9mm。人が座ると垂直荷重がかかり、回転に抵抗するために土台の幅を広めに設定。土台は厚さ12mmの構造合板を2枚重ね、ビス留めして一体化した(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 検討開始から完成までに、17年10月~19年3月の約1年半を要した。ほとんどはリサーチや検討に費やし、3日間で組み立てた。パラメトリックモデルは、ライノセラスの機能拡張ソフトであるGrasshopper(グラスホッパー)で作成した。堀井統括室長によれば、「これまで小物などで、木板に切り込みを入れて曲げることは試みられてきたが、建築のスケールで合板に穴を開けて軟らかさや弾性を持たせることなどを研究した事例はなかったと聞いている」と言う。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら