東京都町田市と東京急行電鉄は、都市公園と商業施設を一体に整備するプロジェクト「南町田グランベリーパーク」を、南町田駅の南側で進めている。2019年5月14日、その「まちびらき」を19年11月にすると発表した。約半年後に迫ったまちびらきに向け、佳境を迎えた現場の状況を写真でリポートする。

 南町田グランベリーパークは、17年2月に閉館した旧グランベリーモール跡地と鶴間公園を中心とする22ヘクタールのエリアを、官民が連携して開発するまちづくりプロジェクトだ。商業施設「グランベリーパーク」は、延べ床面積約15万m2に及び、約230店舗が出店する。

 鶴間公園は町田市の都市公園。商業施設と公園の間にあった市道を廃止し、一体となるよう再整備する。また、両者の間には、ソニー・クリエイティブプロダクツが運営する「スヌーピーミュージアム」や町田市が運営する図書館や児童館などから成る「パークライフ・サイト」を整備する。スヌーピーミュージアムは、19年12月に開館する予定だ。

南町田グランベリーパークの全体俯瞰(ふかん)イメージ(資料:町田市・東急電鉄)
[画像のクリックで拡大表示]
南町田グランベリーパークの全体像(資料:町田市・東急電鉄)
[画像のクリックで拡大表示]

南町田駅の南北自由通路

南町田駅の南北自由通路のイメージ(資料:町田市・東急電鉄)
[画像のクリックで拡大表示]
南町田駅の南北自由通路の施工状況(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
南町田駅の南北自由通路に面した改札口付近の施工状況(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
南町田駅前(南側)イメージ(資料:町田市・東急電鉄)
[画像のクリックで拡大表示]
南町田駅前(南側)の施工状況(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら