大成建設とシステム計測(東京都墨田区)は共同で、300m級の超高層建築物向けの場所打ちコンクリート杭工法「T-EAGLE(ティー・イーグル)杭工法」を開発した。杭の中間部と底部に拡径部(突起)を設けて鉛直支持力を高めることで、掘削土量の削減や工期の短縮につなげる。

大成建設などが開発した「T-EAGLE杭工法」のイメージ。杭の中間部と底部に拡径部(突起)がある(資料:大成建設)
[画像のクリックで拡大表示]

 システム計測の「EAGLE杭工法」をベースに開発した。杭の底部のみに突起を設ける同工法は、中高層建築物など約5000件の実績がある。T-EAGLE杭工法では、さらに杭の中間部にも突起を設けた。

 突起を増やすことで杭の支圧面積を大きくできるため、杭1本当たりの鉛直支持力を高められる。鉛直支持力は長期荷重で80MN以上。同じ鉛直支持力を得るのに、突起が1つだけの従来工法では杭が2本必要なところを、T-EAGLE杭工法なら1本で済む。そのため、従来と比べて掘削土量を3割削減し、1カ所当たりの工期を2~3日短縮できる。

同じ鉛直支持力を得る条件下での、従来工法(左)と開発した杭(右)の比較。掘削土量の削減と工期短縮を見込む(資料:大成建設)
[画像のクリックで拡大表示]

 竹中工務店や大林組、戸田建設などが同様の杭を開発済みだが、杭の中間部に設けた突起の直径に違いがある。竹中工務店が最大4.1m、大林組が最大4.6m、戸田建設のグループが最大4.8mであるのに対して、大成建設などの杭は突起の直径が国内最大の5.5m。その分、杭1本あたりの支圧面積が大きくなるため、他社が開発した杭と比べて鉛直支持力を大きくできる。

従来工法(左)と他社が開発した杭(中央)、大成建設などが開発した杭(右)の比較。大成建設などが開発した杭は、中間部の突起の直径が国内最大で鉛直支持力も大きい(資料:大成建設)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら