大東建託は、2019年3月から小型軽量のビス留めロボット「D-AVIS(デービス)」の現場試行を実施している。D-AVISは、住宅現場で深刻化する大工不足への対応や、労働災害の撲滅などを目指して、同社とロボット開発を手掛けるエイチ・アイ・デー(北九州市)とが共同で17年から開発に取り組んでいるロボットだ。今後、自社が建設する賃貸アパートの複数現場で試行を重ねる予定で、20年12月の実用化を目指す。

 D-AVISのサイズは、高さ2.7m(最大)で重量180kg。本体は作業用アーム、アームを支持する鉄骨フレーム、電源ボックス、可動式台座の4つのパーツから成る。作業用アーム先端の上部に設置した3次元カメラで、石こうボードと装置の位置関係を測定する。作業を行うときには、造作大工が石こうボードを仮留めし、ロボットがビス留めする。ロボットの分解や組み立ては、10本のボルト脱着と配線作業だけで済む。2人の作業員で行うと15分ほどで完了する。賃貸住宅など小規模建物の現場で作業ができるように小型軽量化を図った。

アームを伸ばすことで高さ2.7mまでの作業が可能。アーム部分に取り付けられたカメラで位置を測定しビスを打ち込んでいく(写真:大東建託)
[画像のクリックで拡大表示]

 D-AVISで作業する際は、大東建託独自の現場管理システム「名監督システム」をタブレット端末などに導入し、画面上のプログラムに沿ってロボットを制御する。ビスの打ち込み間隔などは、あらかじめ名監督システムに登録されている。それらの情報を、赤外線通信を使ってD-AVISに伝達する。

 端末の作業は以下の手順で進める。まずは、タブレット上で名監督システムのトップ画面を開き、アパートの商品タイプを選択。続いて、作業フロアの平面図を開き、目的の部屋を指定する。部屋のどの部分にD-AVISを配置するかは、指で図面をタッチして指定する。床に障害物が置かれていないか、電源コードが正しく配線されているか確認してから「起動」ボタンをタッチ。すると、1部屋分のビス留めが始まる。約3秒間隔で次々にビスを打ち付ける。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら