日本建築学会が2019年日本建築学会賞作品部門(以下、作品賞)の選考結果を同年4月19日に発表した。受賞したのは、「新豊洲Brillia(ブリリア) ランニング スタジアム」(東京都江東区、16年竣工)と「桐朋学園大学調布キャンパス1号館」(東京都調布市、14年竣工)の2施設だ。「桐朋学園大学調布キャンパス1号館」の設計者である日建設計の山梨知彦氏は、「NBF大崎ビル(旧ソニーシティ大崎)」に続いて2度目の受賞となった。

2019年の作品賞に選ばれた「新豊洲Brillia ランニング スタジアム」の内観。競技用義足を開発するためのデータ解析や工作を行えるラボラトリーも併設している(写真:nacása&partners)
[画像のクリックで拡大表示]
2019年の作品賞に選ばれた「桐朋学園大学調布キャンパス1号館」の外観(写真:野田 東徳[雁光舎])
[画像のクリックで拡大表示]

 作品賞は10人の委員が応募総数51件から選んだ。まずは8件を現地審査対象とし、委員がそれぞれ3件を推薦。1回目の記名投票で多数の支持を得たのが、「新豊洲 Brillia ランニング スタジアム」だった。評価されたのは、建物の新規性と完成度の高さだ。「近年類いまれにみる“必然の美しさ”を十二分に感じさせる」と評した。

 同スタジアムは、障害者トップアスリートのためのトレーニング施設として造られた。トンネル形で、長さ108m、高さ8.5m、幅16.3mの規模だ。透明かつ軽量なETFE(熱可塑性フッ素樹脂)フィルム素材を屋根に用い、湾曲集成材をひし形にユニット化した構造体で支えることで、明るく開放的な屋内空間を実現した。

 将来、移転する可能性があるため、解体、搬送、再構築を想定してジョイント部などをデザインしている。同スタジアムを契機に告示が改正され、ETFEが一般化する道を開いた点も評価につながった。

 設計を担当したのは、E.P.A環境変換装置建築研究所の武松幸治取締役、KAPの萩生田秀之代表取締役、太陽工業設計本部東日本設計部の喜多村淳設計課長の3人だ。

(関連記事:「設計者は無関心? 加速するユニバーサルデザイン」

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら