国土交通省は2019年3月29日、防火窓の仕様を定める告示を改正し、同日に公布・施行した。木製、樹脂製、アルミ製枠の窓の仕様を告示仕様として位置付ける。住宅の断熱性能の向上を図るうえで、木製枠や樹脂製枠の窓を使うニーズが高まっていることなどを踏まえたものだ。

 15年7月の建築物省エネ法(建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律)成立時に、木製枠や樹脂製枠の窓の普及に向け、技術開発や基準見直しを検討することが、衆議院の付帯決議として盛り込まれた。これを受け、国交省国土技術政策総合研究所と建築研究所が中心となって、建築基準整備促進事業で技術的検証を進めてきた。その成果の一部を告示改正に反映した。

 耐火建築物および準耐火建築物の場合、外壁の開口部で、延焼の恐れのある部分に設ける防火設備は、告示で定める仕様のものか、個別に大臣認定を受けたものが必要だ。改正前の告示仕様は「鉄および網入りガラスでつくられたもの」のみだった。今回の改正で、枠とガラスの種類が増える。告示に位置付けられたものは、個別に大臣認定を受けることなく、使用できるようになる。

[画像のクリックで拡大表示]
複層ガラスにする場合における防火窓の新仕様。このほか、開閉方式、枠、ガラス、寸法、取り付け方法が細かく規定されている(資料:国土交通省)

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら