測量・計測機器メーカーのライカジオシステムズ(東京都港区)は2019年3月19日、写真を撮るだけで対象物の寸法をミリ単位で測定できるスマートフォン型の計測機器「Leica BLK3D」を日本で発売した。

「Leica BLK3D」の外観。スマートフォンを分厚くしたような形状だ
[画像のクリックで拡大表示]

 BLK3Dは18年6月の発表以降、建設現場で頻繁に実施する寸法の測定作業を大幅に効率化できるとして、世界中で注目を集めていた製品だ。

 対象物を2つのカメラで同時撮影し、取得した画像の視差から奥行きなど割り出す「ステレオカメラ」を、背面に搭載している。スマホで写真を撮るのと同じ要領で対象物を撮ると、撮影したデータを瞬時に解析。生成した画像上で任意の2点を選択するだけで、寸法(2点間の距離)を求められる。対象までの距離が数メートルと近ければ、計測誤差は数ミリ程度だ。

 ライカジオシステムズの赤池正臣事業開発マネージャーは、「現場では撮影するだけ。データをパソコンに移してオフィスでゆっくり測定する、といった使い方ができる」と説明する。扱いが容易なので、測量や建築・住宅の知識が要らないのも売りだ。

背面に対角に配した2つのカメラは1000万画素。従来型のレーザー距離計も搭載する。レーザー距離計の機能を用いて簡易な平面図を作成する機能も持つ(資料:神戸清光システムインスツルメント)
[画像のクリックで拡大表示]

 サイズは長さ18cm、幅7.7cm、厚さ2.7cm。一般的なスマホよりもひと回り大きい程度で、ジャケットや作業服のポケットに楽に収まる。重量は480gで、500mlペットボトル入り飲料と同程度。販売価格は税別で70万円だ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら