国土交通省によると、2018年12月の住宅着工戸数は7万8364戸で、前年同月比は2.1%増だった。先月の減少から再びの増加に転じた。利用関係別に見ると、前年同月比で持ち家と分譲住宅はプラス成長だったものの、貸家はマイナス成長だった。休日数や気温による需要変動のばらつきを取り除いた季節調整済年率換算値は、96万1000戸(同0.6%増)だ。2019年1月31日に発表した。

2018年12月の住宅着工戸数は7万8364戸。前年同月比は2.1%増だった(資料:国土交通省の統計データに基づいて日経ホームビルダーが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 住宅の種類別に見ると、持ち家は2万4415戸(前年同月比4.8%増)で、3カ月連続の増加となった。他方、貸家は3万788戸(同7.9%減)と4カ月連続の減少だった。公的資金による貸家は増加したものの、民間資金による貸家が減少したことが足を引っ張った。

 分譲住宅は2万2756戸で、同16.5%増で5カ月連続の増加だった。中でもマンションは好調で、戸数は前年同月比28.6%増の9546戸。5カ月連続の増加だった。前月はマイナス成長だった戸建て住宅の戸数は、再びプラスに転じた。戸数は1万3006戸で、同8.5%増だった。

2018年12月の持ち家の新設住宅着工戸数は2万4415戸で、前年同月比4.8%増だった(資料:国土交通省の統計データに基づいて日経ホームビルダーが作成)
[画像のクリックで拡大表示]
分譲住宅の内訳は、戸建て住宅が前年同月比8.5%増(1万3006戸)。マンションが同28.6%増(9546戸)だった(資料:国土交通省の統計データに基づいて日経ホームビルダーが作成)
[画像のクリックで拡大表示]