広島県尾道市に新たな観光スポットが生まれる。インド・ムンバイを拠点に活動する建築集団スタジオ・ムンバイ・アーキテクツ(以下、ムンバイ)が、改修の設計監修を務めた多目的施設「log(ログ)―Lantern Onomichi Gardenー」だ。2018年12月7日に開業する。同施設は、ムンバイが日本で初めて手掛けたプロジェクト。12月4日に開かれた内覧会の模様をいち早くお伝えする。

広島県尾道市でアパートを改修した多目的施設「log -Lantarn Onomichi Garden-」が12月7日に開業する。インドの建築集団「スタジオ・ムンバイ・アーキテクツ」(ムンバイ)が設計を手掛けた。写真は3階ライブラリーの内観。ムンバイのビジョイ代表宅の書斎をイメージした(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
ログの外観。右下に写る縄のれんが吊り下がっている部分がエントランス。開業に先駆け、12月4日に完成内覧会が開催された(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 ログは、市の中心部から、観光スポットの千光寺につながる坂道の途中に位置する。使われなくなっていた集合住宅「新道アパート」を改修した。建物は1963年に竣工し、規模は延べ面積1180m2。構造は鉄筋コンクリート造で、3階建てだ。宿泊施設を中心とし、ダイニングやカフェ、ギャラリーなどで構成した。

尾道市では、山上に人気の観光スポットである千光寺がある。海沿いの市街地から千光寺に続く坂道の途中にログは位置する(資料:日経アーキテクチュア作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 事業者はディスカバーリンクせとうち(広島県尾道市)で、同社が100%出資するse-ed(シード)が運営を担う。シードの吉田拳誠代表取締役は、「改修前は、周囲から閉じた空間だった。改修時に開放感あふれる施設を目指した」と話す。同施設は、3階の宿泊施設を除き、観光客や地域住民も利用できる。

1階ピロティ部分。同施設の運営を行うシードの吉田拳誠代表は「開放感あふれる空間を目指した」と語る(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 ムンバイは、ビジョイ・ジェイン氏がインドや欧米で建築を学んだ後、出身地のインド・ムンバイで1995年に設立した設計事務所だ。建築家や大工、石工などが集まり、その人的ネットワークにより設計から施工まで一貫して行う製作スタイルが特徴だ。

 地域の自然素材や伝統的技術を重視し、手作業による施工を中心とした建築を多く手掛ける。代表作にはリーディング・ルーム(インド・ナガアン、03年竣工)や、パルミラの住宅(インド・ナンドゲーアン、07年竣工)、コッパ―・ハウス2(インド・チョンディ、11年竣工)などがある。

 ムンバイが重視するのは、地域の歴史や文化。今回のログでは、尾道の海と山に挟まれた自然地形や、歴史的建築物が多く残る景観と溶け込むように仕上げた。施設内部も、家具や壁・土間などの色彩によってムンバイ独特の感性を引き出し、魅力ある空間となっている。

海と山に挟まれ、歴史的建築物が多く残る尾道。ログは、その景観や自然に溶け込む施設に仕上がっている(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら