打ち合わせの時間までのちょっと空いた時間に、駅で仕事を済ませる――。そうした隙間時間の新たな有効活用に向けて、JR東日本が新事業に取り組む。利便性の高い”駅ナカ”(駅構内)でシェアオフィス「STATION WORK(ステーションワーク)」を展開するものだ。まずは、「STATION BOOTH(ステーションブース)」の実証実験を2018年11月28日から19年2月20日まで行い、利用ニーズを検証する。

JR東日本は駅ナカにおけるシェアオフィス「STATION WORK」の実証実験を2018年11月28日に開始した。写真は、JR品川駅の改札内に設置したブース「STATION BOOTH」(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 ステーションワークは、同社が18年7月に発表したグループ経営ビジョン「変革2027」の一環で、社会課題である働き方改革や、生産性向上のサポートを目的とした事業だ。同社事業創造本部事業戦略グループの市原康史課長は、「社内だけではなく利用客からも、駅の中でのちょっとした空き時間に1人で作業に集中できる空間が欲しいという声があった」と話す。

11月26日にJR品川駅でマスコミ向け見学会が開催された。写真は、登壇したJR東日本事業創造本部の表輝幸・副本部長(右)と同社事業創造本部事業戦略グループの市原康史課長(左)(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら