2025年大阪万博の立案時からのキーマンである建築史家、橋爪紳也氏(大阪府立大学教授)に、誘致決定までの奮闘を振り返ってもらった。橋爪氏は大阪府特別顧問・大阪市特別顧問として、大阪への万博誘致案の企画立案に深く関わり、経済産業省の専門アドバイザーとしてコンセプトや会場構成案作成の中心になった。後編の今回は、会場構成の詳細と、今後の進め方に踏み込む。
前編から読む)

橋爪紳也(はしづめしんや)氏。大阪府立大学大学院経済学研究科教授/大阪府立大学観光産業戦略研究所長。1960年大阪府生まれ。建築史家。専門は建築史・都市文化論。著書に「倶楽部と日本人」「明治の迷宮都市」「化物屋敷」「祝祭の『帝国』」「日本の遊園地」「飛行機と想像力」「絵はがき100年」「創造するアジア都市」「『水都』大阪物語」など。大阪の建築公開イベント、イケフェス(生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪)の仕掛け人でもある(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

──誘致活動ではやはりシンボル性があった方が第三者に伝わりやすそうに思えます。「中心がからっぽ」という考え方を前面に押し出すのは勇気がいりませんでしたか。

 シンボル性が必要ない、と言っているわけではありません。からっぽの空間こそがシンボリックである、という意味です。その広場は「空(くう)」と名付けました。「空」は会場内に複数設けます。

会場計画イメージ。キーコンセプトは、「非中心」と「離散」。ランダムに配置されたパビリオンが世界中に広がる個々人を表し、万博会場を「世界中の人々が共創していく未来社会」と見立てている。水色の丸が「空(くう)」と呼ぶ広場(資料:経済産業省)
[画像のクリックで拡大表示]

 「空」のイメージパースを見ると、丸い空が抜けていますよね。これは、1970年万博のシンボルゾーンの初期案がまさにそんな絵だったんです。その丸い穴のところに太陽の塔が立った。「空」という広場は、 「インビジブルモニュメント」と位置付けられ、また、人と機械が融合する「サイバネティック(人工頭脳学)・エンバイラメント」を模索した70年万博の「お祭り広場」のアイデアを、今日の視点から展開させたものです。

──なるほど! 

会場内の5カ所に「空」(くう)と呼ぶ広場を設ける。これらと2カ所のエントランスをメーンの通りでつなぎ、大屋根を架ける(資料:経済産業省)
[画像のクリックで拡大表示]
「空」広場(資料:経済産業省)
[画像のクリックで拡大表示]

 「いのち」の多様性を重視する博覧会の主題を具象化するように、各パビリオンの敷地は多角形がランダムに会場内に離散するように計画しました。この配置は、自然界の中にも存在する「ヴォロノイ分割」によって、自動生成されます(関連記事:「大阪万博はラストチャンス」、2025年の招致会場計画アドバイザーが熱く語る新都市像)。ヴォロノイ分割というのは、一つひとつの重みづけをしたうえでそれぞれの中心を決めると、全体の形が自動的に決まるプログラムです。会場の絵を見て「細胞みたいだ」と言う人もいますね。

ヴォロノイとは、「ランダムに散らばる複数の点があるときに、それぞれの点からの等距離を通る線(垂直二等分線)を引く」という単純な原理によって、点ごとの領域を求める作図手法。自然界にも存在する反復的な幾何学パターンとして知られる(資料:経済産業省)
[画像のクリックで拡大表示]

 埋め立て地という夢洲(ゆめしま)の地形、さらには「埋め立て都市」とでも呼ぶべき大阪の歴史を会場計画に投影するために、会場内には水路を巡らせます。

夢洲の現況。南側(写真左)の一角はまだ埋め立てが完了しておらず、水面のまま。この部分も会場として使う予定だ(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
会場内を巡る水路(資料:経済産業省)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら