免震ダンパーの検査データ改ざん問題で、KYB側がどのような証拠に基づいて出荷データの改ざんを確認したのか、詳細が判明した。10月29日、鳥取県はKYBと子会社のカヤバシステムマシナリーが提出した報告書を公表。この報告書に証拠書類が示されたのだ。

鳥取県が公表したオイルダンパーの性能検査記録表。備考欄の赤線で囲われた部分に書かれた数値が改ざんの証拠だ。KYB側が県に提出した報告書に添付された(資料:鳥取県)
[画像のクリックで拡大表示]

 報告書は建築基準法12条5項に基づき、特定行政庁の鳥取県西部総合事務所が2社へ求めたもので、KYB側がどのように改ざんの事実を確認しているかが示されている。KYBは日経アーキテクチュアの取材に対し、他物件でも鳥取県へ提出したのと同様の証拠に基づき、改ざんの有無を確認していると説明した。

 今回、鳥取県が公表した報告書は、県下3カ所の病院に納入されたオイルダンパーに関するものだ。改ざんが確認されたのはこのうち1カ所、南部町国民健康保険西伯病院(鳥取県南部町)だ。KYBが10月26日に公表した対象物件リストに含まれている。

鳥取県が公表したKYB側の報告書の表紙。「事実に相違ありません」と記している(資料:鳥取県)
[画像のクリックで拡大表示]

 残る2病院は鳥取県立中央病院(鳥取市)と鳥取赤十字病院(同)で、KYBの報告書は適合性について「不明」とし、不適合品として扱うと記している。県が報告書公表に踏み切った10月29日時点ではKYB側は未公表の施設だ。11月2日、KYBはこの2病院を含む20施設の名称を公表した。

 鳥取県は今回、報告書公表について3病院の建物所有者などから了承を得た。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら