2019年3月30日の開業を目指し、沖縄県宮古島市の下地島で空港旅客ターミナルの新築工事が進行中だ。施設運営者の下地島エアポートマネジメント(沖縄県宮古島市)は、施設名を「みやこ下地島空港ターミナル」に決定したことを18年10月31日に発表した。空港ターミナルとしては全国で初めて屋根構造に直交集成板(CLT)を活用する。また、「ZEB ready」の基準を満たし、一次エネルギー消費量を68%削減する計画だ。開発は三菱地所が進め、設計は日建設計が担当している。

2019年3月30日開業予定の「みやこ下地島空港ターミナル」の完成イメージ。出発ラウンジ棟、チェックイン棟、国際線到着棟、国内線到着棟、管理棟の低層5棟で構成する(資料:三菱地所の資料に日経アーキテクチュアが加筆)
[画像のクリックで拡大表示]

 下地島空港は、もともと1979年7月にパイロット訓練飛行場として整備された。80年からは南西航空(現:日本トランスオーシャン航空)による那覇と下地島の直行便のみ運航していたが、利用客が少なく、94年に運休した。県は訓練場としてだけでなく、空港を利活用するに当たり、民間企業から事業提案を公募。2015年12月に三菱地所が県に提案し、17年3月に同社と県で基本協定を結んだ。

下地島は、沖縄県宮古島の北西に位置する。下地島周辺の海域は、海中が複雑な地形をしており、洞窟潜水の聖地として知られている。これまで下地島へ行くには、宮古島から伊良部大橋を渡って伊良部島を経由する必要があった(資料:日経アーキテクチュア作成)
[画像のクリックで拡大表示]
海側から見た下地島空港の滑走路の様子。滑走路の北側の一部が海へと突き出ており、その先に進入灯が設置された桟橋が延びる(写真:三菱地所)
[画像のクリックで拡大表示]

 みやこ下地島空港ターミナルの規模は、敷地面積約3万1580m2、総延べ面積約1万1970m2。構造は鉄筋コンクリート(RC)造、一部木造の地下1階・地上1階建て。

 コンセプトは「空港から、リゾート、はじまる」で、出発ラウンジ棟やチェックイン棟などの低層5棟で構成。日建設計広報室の前川衛氏は「小さな島の空港なので、建築のボリュームを抑えるために分棟形式にした」と説明する。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら