日経 xTECH有料会員限定 現在はどなたでも閲覧可能です

 公共や民間を問わず設計のコンペやプロポーザルでは、プレゼンテーション資料の出来に加え、プレゼンターの説明の巧拙が勝負を分ける。公共事業の公開プレゼンの“常連”である平田晃久氏(平田晃久建築設計事務所主宰)は、プレゼンの時間に応じて、原稿の読み方を変えている。平田氏が、プレゼン資料の作成から、プレゼン本番まで、どんな考えで臨んでいるかを前編に続いて聞いた。

プレゼン資料を作成する際、事務所としてルールはありますか。

 僕らはパースというより、模型写真で示すことが多いです。模型や模型写真はプレゼンのときに効果的ですが、その前段階である、どういう考え方で設計したかということも絶対に必要だと考えています。

 ただナインアワーズの場合、ナインアワーズ側に立つデザインチームはデザインに造詣が深い人ばかりなので、すごく凝った資料を示すというより、こういう考え方でやってみましたとスーっと言うようにしています。その際には、本当に簡単なイメージ写真やイメージスケッチを利用しています。しかもそれぞれの案に対して1枚だけというように情報を絞っています。

平田 晃久氏(平田晃久建築設計事務所 主宰)。ひらた・あきひさ:1971年大阪府生まれ。94年京都大学工学部建築学科卒業、97年同大学大学院工学研究科修了、伊東豊雄建築設計事務所入社。2005年平田晃久建築設計事務所設立。15年から京都大学准教授、18年から同大学教授。07年に「桝屋本店」でJIA新人賞、18年に「太田市美術館・図書館」で村野藤吾賞および第59回BCS賞を受賞(写真:日経アーキテクチュア)

通常の民間プロジェクトの場合は、プレゼンの仕方は変わってきますか。

 通常も2案は持っていきますが、そのうちのどちらがおススメかをはっきり言う場合が多いです。なぜその案がいいかを理解してもらうためにも、少なくとももう1案あると、理解しやすくなります。我々もその案がベストだという前に少なくとも10案ほどはスタディーしているわけなので、そのプロセスを明確化できます。

 クライアントには、多くの言葉で要望を語る人はあまりいません。例えば、東京・南大塚に完成した集合住宅のクライアントは「緑がほしい」のひと言でした。昨今は緑がない住宅のほうが珍しい状況なので、そこまで言うということは、見たことのない緑の様態とともに住むことが、クライアントの要望なんだろうと捉えました。

いわゆるダイヤグラムで、案の背景を詳しく説明する方法はとらないのですか。

 我々の場合、案の考え方を詳しく示す演繹(えんえき)的な資料はあまり使わないですね。まずは結論を模型や模型写真で、スパッとお見せすることが多い。「いつになったら結果が出てくるんだろう」と思わせるような説明は避けています。僕自身、気が短くイライラすることが多い(笑)。なので、まずは結論から示すようにしています。